ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ネイルケアの基本

ジェルネイル やり方

ネイルケアの基本


つめの手入れは、ネイルケア(Nail care)と言われていますが、和製英語なのです。つめの手入れそのものを表す英語は、マニキュア(Manicure)なのです。

指先には骨がなく、その代わりにつめがあります。つめは、皮膚が硬くなった器官です。ケラチンと呼ばれるたんぱく質の一種でできています。ケラチンは、骨格細胞を構成しているものです。水分がどれくらい含まれているかで、硬度が変わってきます。お手入れをする前に、お風呂に入るか、手足を湯に浸しておくと、つめが柔らかくなるので、手入れしやすくなります。

ネイルケアの方法は、
つめを適度な長さに切り、つめ先をやすりで整えるのが一般的です。つめは、何層かに分かれる構造をしています。つめ切りは、何層かに分かれている層に圧力をかけて切り取ります。そのため、そのままでは痛みやすいという問題があります。つめの油分、水分を守るためには、保湿成分のあるハンドクリームで保護してあげるといいでしょう。

つめは、季節、健康、体質、環境、年齢、ストレスなどによって、影響を受けます。指先は、毛細血管の末端部分が集中しています。だから、指先に対してマッサージを行うというのは、非常に有効です。ただ、薬指は交感神経を刺激するので、リラックス効果をえたいときは避けたほうが良いでしょう。

<<ジェルネイルのお手入れ方法 | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイルのカルジェルってなにもん?>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。