ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ジェルネイルのカルジェルってなにもん?

ジェルネイル やり方

ジェルネイルのカルジェルってなにもん?

ジェルネイルとは、水あめみたいになったアクリルの合成樹脂を、紫外線を当てて固めたものです。

ここでは、カルジェルを使ったジェルネイルを紹介しますね。
ネイルサロンによっては扱っていないところもあるので、事前に確認しておきましょう。

カルジェル(Calgel)は、人気のあるジェルネイルの一つです。
ソークオフジェル、ソフトジェルと呼ばれているジェルに分類されています。
つまり、柔軟性があるため、人工爪の作成は3ミリ程度。
日常生活にはぴったりです。

特徴としては、
透過性と蒸散作用があげられます。
蒸散作用があることで、爪から出る水分をジェルの層を通すことができるのです。
つまり、カビが発生する心配はありません。
また、自分の爪との隙間ができにくいという点でもすぐれています。
素材も、他の種類のジェルネイルよりも、爪に優しいです。
その上、長持ちします。

また、よく溶けるので、専用の溶液が必要になります。
紫外線に反応しやすいので、専用のトップコートで守る必要性があります。
大体、週に1回程度は、メンテナンスを心がけてください。
もし紫外線に反応すると、黄ばんでしまう恐れがあるからです。
他のジェルであれば、トップコートやメンテナンスが不要なものもあります。
そう考えると、手間とお金がかかりますね。

カルジェルを施術するときは、下準備として爪の表面を削ります。
でも、ツヤをとる程度なので、爪に優しいと言われています。

<<ネイルケアの基本 | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイル、バイオジェルとはなんぞや>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。