ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル開業 > ジェルネイル、ネイルサロンの運営

ジェルネイル開業

ジェルネイル、ネイルサロンの運営

ジェルネイルは、女性だけではなく、男性も惹きつけているため、広がりは非常に急速です。もちろん、ネイル業界からの注目も高いです。景気が悪化している状態でも、ネイルサロンにとって、新しいお客様が見込める分野として、期待されているというのがあります。

なぜ、ネイルサロンにとってジェルネイルが有望なのか?理由は簡単で、ジェルネイルは個人で扱うには、敷居が高いのです。もちろん、インターネットなどを利用すれば、個人でも手に入れることは可能です。利用方法を解説したDVDなども、もちろん存在しています。しかし、化学薬品、紫外線あるいはUVライトを利用しないといけないため、ある程度の知識が必要になります。下手をすれば、つめや指を痛めてしまうかもしれません。そのため、安全を考えると、ネイルサロンに行ったほうがいいのです。
日本ネイリスト協会であるJNAによると、2009年1月23日現在で、ネイルサロンは471件の登録があります。しかし、ネイルサロンは登録義務も、行政の認可も必要ないので、一般手続きさえすれば開業できてしまうのです。でも、ネイルサロンの運営はそれほど簡単ではありません。

ネイルサロンの運営方法として、繁華街やデパートといったテナントとして出店する、エステ系のサロンや美容室で併設する、個人の自宅への出張などがあります。独立しての運営は、資金調達から準備まで、かなり大変です。運営が軌道にのってからは、経営者としての手腕も必要になります。そして、一番重要なのは、ネイリストの技術や才能です。

<<ジェルネイル、ネイリスト技能検定を受けてみる | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイルの効果は二枚爪にも有効です>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。