ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル基本 > ジェルネイルの効果は二枚爪にも有効です

ジェルネイル基本

ジェルネイルの効果は二枚爪にも有効です

ジェルネイルは、ファッション以外の分野でも注目されています。

ジェルネイルとは、アクリルの合成樹脂をUVライトや紫外線で固める技法です。ジェルによっては、長いつけつめを作ることも可能です。しかし、人気があるのは、コーディングとしてのジェル。この使い方は、スポーツ選手や男性からも、人気があるのです。

コーディングで使われるジェルは、ソークオフジェルと呼ばれているソフトジェルです。硬度は、何種類かあります。柔らかいジェルの方が自つめにフィットしやすいということで、コーディング向きと言われれています。そして、つめの弱い方、二枚つめといった症状に悩まされている方にこそ、ジェルネイルはお勧めなのです。

二枚つめとは、
つめが2枚にはがれてしまうものです。つめ甲剥離(そうこうはくり)症の一つですね。乾燥とたんぱく質が不足しているのが、主な原因と言われています。足とか、手とかという限定はありません。二枚つめに一度なってしまうと、剥がれたつめは元には戻りません。この剥がれた部分をジェルネイルでコーディングします。そのまま伸ばしていき、はがれを進まなくして、切り取るという方法をとります。

ジェルネイルに頼らないなら、乾燥対策と食生活の見直しが必要になります。つめ切りを使う場合は、お風呂上りのつめが柔らかいときにします。できれば、つめ切りを使わずに、やすりを使って整えましょう。

手足のすべてのつめが二枚つめになったら、すぐに病院に行きましょう。甲状腺(こうじょうせん)の異常や膠原病(こうげんびょう)の可能性があります。

<<ジェルネイル、ネイルサロンの運営 | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイル、つめの保護と注意点>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。