ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル基本 > ジェルネイル、つめの保護と注意点

ジェルネイル基本

ジェルネイル、つめの保護と注意点

ジェルネイルは、ネイルアートとしてだけではなく、つめを保護したり、強化するということで効果があると言われているからです。つめが割れやすい方、つめが裂けてしまった方にとっては、ジェルネイルは非常に重宝されています。

そのつめに対する手入れですが、
重要なのは、つめをいたわることです。つめは水も含んでいるため、硬度や強度が変化します。水にさらされ続けると、表面が荒れてしまう可能性があります。放置すると、つめ割れや二枚つめなど、つめがはがれる症状を招くかもしれません。水仕事のあとなどには、必ずつめにもハンドクリームを塗り込むようにして、保湿を心がけましょう。

マニキュアやジェルネイルを、つめの水分や油分を守るために利用するというのもあります。ジェルネイルでつめの保護を考えるなら、カルジェルやバイオジェルといったソークオフジェルタイプのものをお勧めします。

しかし、マニキュア、ジェルネイルにも欠点があります。落とすときに、除光液や専用溶液を使わないといけません。これには、つめを痛めやすいアセトンが含まれているのです。そのため、あまり頻繁には落とさない方が良いでしょう。特に、つめが黄ばんできたら、注意が必要です。落としたあとのハンドクリームは、忘れずに塗りましょう

<<ジェルネイルの効果は二枚爪にも有効です | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイル、ネイルケアマッサージについて>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。