ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ネイルケア > ジェルネイル、ネイルケアマッサージについて

ネイルケア

ジェルネイル、ネイルケアマッサージについて

つめは、それ自体が硬くなったもう死んだ細胞なので、これ以上の変化はありません。ただ、新たに作られるつめに対しては、血行を良くすれば、充分な栄養を届けることができます。その上、指先は毛細血管が集中している末端になります。その指先の血行が良くなると、身体全体のストレスの解消、リラックス効果、免疫力の向上が見込めるといわれています。実際、指先の冷えが取れることは、非常に大きいことです。特に、デスクワークでパソコン操作が多い人ならば、指先のコリをとることもできます。また、つめのゆがみは、指先とつめを揉みほぐすことで、改善することもできます。

その指先のマッサージ方法の1つに、
押しもみがあります。親指と人差し指で指先をはさむようにして、押しもみをします。少し痛いくらいがちょうどよいでしょう。強すぎるのは、効果がありません。1本の指をだいたい10秒程度、1日2〜3回もむのが、適正な回数になります。注意点として、薬指は避けたほうがいいというのがあります。なぜなら、薬指は交感神経を刺激するため、興奮しやすくなりやすいからです。また、マッサージをするときにはハンドクリームを使用することで、保湿とマッサージの効果も高めることができます。

指を1本ずつ引っ張り、ゆっくりと伸ばすというマッサージ方法があります。

こうしたマッサージをすることでおつめの状態が良くなれば、ジェルネイルの持ちもよくなります

<<ジェルネイル、つめの保護と注意点 | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイルは隙間に注意>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。