ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ジェルネイルは隙間に注意

ジェルネイル やり方

ジェルネイルは隙間に注意

ジェルネイルは、はちみつのようなジェルとよばれるものを利用します。ハード、ソフトと二つのタイプがあり、現在では、ソフトタイプのものが主流となっています。

このジェルを自分のつめの上にのせ、形を整え、紫外線あるいはUVライトを当てて固めます。

ソフトタイプのジェルを利用すれば、人工つめを作成することも可能です。
そして、硬めのジェルを利用するのがポイントです。

ただし、カビが発生する可能性があるということだけは、注意してくださいね。
自分のつめとジェルネイルの間にすきまができやすくなるからです。

逆に、柔らかめのジェルを使えば、カビの心配はいりません。
その代わり、トップコートを定期的にしなければならず、メンテナンスが大変です。
こうしたジェルネイルは、コーディングとしてつめの保護する役割も担います。
硬い、柔らかいにかかわらず、1ヶ月程度は持ちます。

色をつけたい場合は、マニキュアで色をぬります。ベースコートとトップコートの間に、カラーマニキュアを塗ます。
そして、オイルで仕上げます。
トップコートは、2〜3日に一回塗りなおす必要がありますが、1週間から10日程度は持ちます。

<<ジェルネイル、ネイルケアマッサージについて | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイルの爪を削る順番は>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。