ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ジェルネイル、その爪の形で大丈夫?印象が変わってくる爪の形

ジェルネイル やり方

ジェルネイル、その爪の形で大丈夫?印象が変わってくる爪の形

ジェルネイルとは、アクリルの合成樹脂をつめにのせ、UVライトや紫外線を当てて固めるネイルアートの一つです。つめが弱い人がコーディングとして使う、つめが短い人が人工付けつめを楽しむというパターンでも利用できます。自分のつめを思い通りの形にしたい人には、ぴったりです。

では、つめの形によって与える印象がどう変わるかを、紹介しますね。
たまご型

別名、オーパルと呼ばれています。つめの形を整えるといったときに一番最初にする一般的な形です。自然で柔らかく、優しい感じがする指先になります。女性らしいイメージとなります。つめが大きかったり、男性っぽい指の人なら、たまご型にすることのがお勧めです。

だ円型

別名、ラウンドと呼ばれています。オーバルよりも、つめの先が平らになった形になります。そのため、指先を細く長く見せる効果があるため、手が美しく見えます。つめが平たい、小さい人が、上品で優雅な印象を見せたいなら、だ円型にすることがお勧めです。

スクエアオフ

スクエアオフは、四角い形で角が丸い形をしています。衝撃に一番強いつめの形とも言われています。そのため、つめを長く伸ばしたい人が、この形にすることが多いです。

<<ジェルネイルの爪を削る順番は | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイル、つめは健康のバロメーター>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。