ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ジェルネイル、つめは健康のバロメーター

ジェルネイル やり方

ジェルネイル、つめは健康のバロメーター

つめの状態というのは、健康状態をはかる一つの指標になっています。だから、病院に行くときは、ジェルネイルやマニキュアはしない方がいいのです。

ただし、つめの状態が悪くても、必ずしも健康状態が原因というわけではありません。たとえば、ジェルネイルを使って、人工つめを楽しむことがありますよね。ジェルによって違いますが、人工つめと自つめの間にカビが生えることがあるのです。カビが生えれば、つめの表面は、緑色っぽくなりますよね。

もちろん、つめの色が変化した場合、何か異常があると考える方がいいです。つめ自体が病気であったり、皮膚の病気がつめにあらわれていたり、つめ周辺外の病気がつめにあらわれていたりと、いろいろあります。
つめの色は薄いピンク色をしています。このピンク色が白くにごったような色になったとき、それもつめではなくその下の皮膚の変化であれば、

・肝硬変
・腎不全
・糖尿病

といった、病気を疑ったほうがいいです。

つめの色が黄白色になっている時は、

・つめ自体の異常
・リンパ系のトラブル
・内臓疾患

が考えられます。

つめの色が黒っぽい紫色になっている時は、

・悪性の貧血(チアノーゼ状態)
・心臓疾患

の可能性を考えた方がいいです。

肺疾患や先天的疾患のある人は、つめの色が青紫色となります。

前の例で紹介したようなつめの色になっている人は、ジェルネイルはやめましょう。まず、病院に行って、診察を受けてくださいね。

<<ジェルネイル、その爪の形で大丈夫?印象が変わってくる爪の形 | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ジェルネイルのオフ方法について>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。