ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイル > ジェルネイル やり方 > ジェルネイルのオフ方法について

ジェルネイル やり方

ジェルネイルのオフ方法について

ジェルネイルは、つめに優しいと言われていますが、普及したのはここ数年。それにも関わらず、ネイルアートの主流なのです。

ジェルネイルのオフの方法は、ジェルによって異なります。まず、ジェルの種類について、紹介しますね。

☆ジェルの種類によるオフの違い

ハードタイプ

・長い人工つめを作るためのジェル
・硬度が硬く、前準備から大変
・つめに対して、優しくないところがある
・溶かす溶液がないため、削ることによってしか外せない
 ※注意しないと、つめを痛めます。

ソフトタイプ(ソークオフジェル)
・リムーバーと呼ばれる専用溶液でとる
 ※つめを傷つける心配がない。
☆ジェルネイルをオフする方法

1.表面を削って傷をつける
2.つめの大きさのコットンを用意し、これにリムーバーを染み込ませる
3.そのコットンをつめに当て、アルミホイルで包む
  ※ジェルが付いていないつめや皮膚に当らないように注意する
4.密封してしばらくおく

時間は、ジェルのメーカーによって違うので、自分でやるときは説明書を必ず読んでおきましょう。

アルミホイルを外したとき、ジェルの表面は、ひびが割れています。メタルプッシャーやウッドスティックといったもので、優しく取りましょう。もしまだ溶けていないジェルがあったら、再びコットンからやり直してください。

<<ジェルネイル、つめは健康のバロメーター | ジェルネイルかんたんネイルアート@自分で出来るジェルネイルトップへ | ネイルケアの甘皮処理について。処理するのはルーススキンですよ>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。