ネイルケア

ネイルケアの甘皮処理について。処理するのはルーススキンですよ

ネイルケア【甘皮処理】

自宅で自分でジェルネイルをやったが、うまくいかない、すぐはがれる。
なんて事ありませんか?

それらは、結局甘皮処理がうまくできていないから、油分がそこから入り込み、はがれてしまう事が原因です。
 

甘皮取ったらカラーも塗りやすいし、手もなんだかツヤツヤに見えます
お風呂に入ったとき、ウッドスティックなんかでキュッと押し上げるだけでもきれいになりますが
ここでは本格的な処理方法を教えちゃいます
まず
※ふやかした状態で処理する
※キューティクルクリームを使う
のが基本です。キューティクルクリームの代わりにハンドクリーム使ってもいいです

奴を取り除くと、ネイルプレートが長く見えたり、健康な爪が生えてきます。
よく皮膚の延長の部分を切る人がいますが
ボコボコの爪が生えてきたりばい菌なんか入ったりでいいことひとつもありません。
それにササクレもできます。

慣れないうちはプロに任せる方が無難ですが、やり方だけ簡単に

【プッシュアップ】まずは押し上げます。
 スティックとコットンを用意して、多からず、少なからずスティックに巻き付けます。

そして水またはエタノールをつけながら
キューティクルエリアを『螺旋』を描くようになぞっていきます。
力加減ですが、あんまりゴシゴシしないで、軽く滑らすようにしてください


【ガーゼクリーン】
15×15センチを二枚重ねにしたガーゼを親指に巻きつけて、キューティクルエリアを『螺旋』を描くようになぞっていきます。

爪がぬれた状態をキープする事が大事です


最近家電量販店などで、ネイルケアマシーンが売ってます。
その中に、甘皮押し上げ用ビットも含まれているみたいですが、
すごく綺麗になると評判です。

自宅で簡単にやるならニッパーでもいいのですが、ちと危ないし、よくわからない。
しかし、要は甘皮を押し下げ、ルーススキンを掻き出す機能があれば言う事ないのでおすすめのものを一応リンクしておきます。

ネイルケア

ジェルネイル、ネイルケアマッサージについて

つめは、それ自体が硬くなったもう死んだ細胞なので、これ以上の変化はありません。ただ、新たに作られるつめに対しては、血行を良くすれば、充分な栄養を届けることができます。その上、指先は毛細血管が集中している末端になります。その指先の血行が良くなると、身体全体のストレスの解消、リラックス効果、免疫力の向上が見込めるといわれています。実際、指先の冷えが取れることは、非常に大きいことです。特に、デスクワークでパソコン操作が多い人ならば、指先のコリをとることもできます。また、つめのゆがみは、指先とつめを揉みほぐすことで、改善することもできます。

その指先のマッサージ方法の1つに、
押しもみがあります。親指と人差し指で指先をはさむようにして、押しもみをします。少し痛いくらいがちょうどよいでしょう。強すぎるのは、効果がありません。1本の指をだいたい10秒程度、1日2〜3回もむのが、適正な回数になります。注意点として、薬指は避けたほうがいいというのがあります。なぜなら、薬指は交感神経を刺激するため、興奮しやすくなりやすいからです。また、マッサージをするときにはハンドクリームを使用することで、保湿とマッサージの効果も高めることができます。

指を1本ずつ引っ張り、ゆっくりと伸ばすというマッサージ方法があります。

こうしたマッサージをすることでおつめの状態が良くなれば、ジェルネイルの持ちもよくなります

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。